今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

それぞれの初春

 23日は春節(チャイニースニューイヤー)これが明け、節分すぎるとやっと新しい年が来た実感がわきます。21日は「チベットの夕べ」に行ってきました。子供達がヒマラヤを越えてダライラマのもとへ送られます。映画の中でも中国とネパールの警察から隠れて子供達が7000m近くの地点からまさに転がり落ちてきます。毎年400人、今ではダラムサラのチベット難民村には12000人の子供達がいるそうです。6歳から、12歳位の子供達、毎年何人かは亡くなったり、凍傷で足を切らざるをえなくなったりするそうです。
e0223339_059590.jpg
 後はチベットの歌姫ソナンさんが歌を披露、料理とバター茶でおしゃべりしました。ソナンさんが料理の監督、バター茶作りと大活躍楽しく心に響く夜でした。映画ではしゅんとして子供達がかわいそうと涙する人も多かったですけれど、私は百年の計をたて、子供達を教育しているダライラマの気の長さ、チベットという国の仏教に寄与する歴史の長さに脱帽でした。
 うちの蔵茶を使ったバター茶ですが、バターとミルクが日本製ですから、お味は塩からいだけであまりピンとは来ませんでしたね。料理では羊の肉を使ったスープがあり思ったよりくさみがなくやさしい味でした。すべての料理の味付けは塩、それに大蒜と唐辛子です。でもどの料理も思ったよりバラエテーにとんでいておいしかったです。
 22日は日中友好協会の新年会で御茶入れしました。こちらはパワフルでしたね。子供から大人まで余った飲み物まできれいにお持ち帰り、カレンダー欲しいと取りに行ったYさんもとてもかなわないと言うほどあっというまに何もかも誰かのバックに消えました。現在こそ大事自分が一番大事なのが今の中国人。子供達の武道太極拳もすごくうまかったし、明るくて楽しかったです。
 そんなこんなで新しい年を迎えました。
 日本人はどっちだろう?私はどっち?タイに行くと余りのゆったりさでとても付き合えないとおもうし、外国人から見るとやはり日本人も特有の性質ってあるのでしょうね。
 お陰様で今年は昨年よりプーアール茶ファンが増えて来たようです。お茶も又だいぶ減ってきました。足りなくなる茶が出てきそうで、新年早々嬉しい悲鳴を上げています。二月の仕入旅、航空券も確保して、まずは香港でのお遊び予定から決まりました。楽しみです。仕入れの仕事も海馬さんとと作戦たてなければ、明日からはやっと香港、広州も仕事始めになりそうです。 
[PR]
by natch551 | 2012-01-28 23:20 | 全体
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30