今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

プーアール茶、疑わしくは?

 中国はわからない。それは何も茶畑だけではない。現在マスコミの第一線で活躍する中国人は言う「中国はわからない、わかったなんて言う人はおかしい」と。1兆円を超す個人資産を持つ人から家族6人で小さな部屋一つに住む人まで、13億人の民族が違う人が混在し、歴史は4000年?。
 雲南省の面積は日本全土より大きいし、茶畑についても、農薬や肥料に関してすべて把握している様に言う人が居るけど、そんな事はできないと私は思う。人も環境も違いすぎるから、日本人の尺度では理解しがたい事は多い思う。
 肥料を使用しすぎて、畑の西瓜が皆爆発したという事件があった。うその様な本当の話らしい。地方の役人は売れば売るほどマージンがもらえるから出来るだけ多く売ったのだと思う。もしそのマージンで母親が病院にいけるとか、子供が学校にいけるとか、そんな事があったら私だって出来る限りたくさん売ったかもしれない。華やかな都会に比べて、農民はまだまだ貧しい。字が読めない人もまだ多いので、薄めたり撒いたりする方法を、説明せずに渡したら駄目なのだ。
 雲南省は特に貧しい地域だ。西双版納の山の住人は不作の年には何もなくなるらしい。プーアール茶.comの藤本さんは不作の年は強盗や泥棒が増えると言う、山の民はまだその日暮しなのだ。
e0223339_19455389.jpg
 某ブラザースなる会社のプーアール茶がアメリカの有機認定証を付けてスーパーマーケットで売られている。オーガニックをうたい文句にしてペットボトルの茶の原料にもなったらしい。段ボールに染粉をまぶした緑茶を売っていたのを見てから、私はここのお茶を良いとは思わない。だけど四社あるというアメリカの有機認証のすべてが怪しいと断言しているわけではない。誰かさんのいいぐさではないけど「わからない事が多すぎる」のだ。認証には多額のお金が動くのだと推測はするが。
 とくに国営工場から急激な民営化が進んだ2000年代の後半からはわからない。だから、疑わしい茶は買わない、飲まないで自衛するしかないと思っている。
 新興のプーアール茶メーカーの中にはうちの茶は安心と言うデモテープを作り、うちの茶は最初に洗ってから作業しますと言って、ガラス張りのオートメーション工場を宣伝しているのもある(笑)。雨なら摘まないという茶葉を最初に薬剤入りの水で洗うの?ショップは一流ブランドショップ並の内装で造られていて、中国本土では成長しているみたいだけど。
e0223339_19461762.jpg
 プーアール茶は茶樹、産地、製法、それから養生とあるから難しい。養生だけでも間違えると茶がくさってしまう。宮廷と八級茶葉にしても同じメーカーならさほど味に違いはない。メーカーの違いの方が等級よりずっと味の違いは大きい。
 もちろんとても真面目に伝統製法で作っている茶厰もあるし、宣伝、流通の波に乗り遅れて良い茶なのに評価されてない茶もある。そんな茶を見つけると、ほっと一息本当に嬉しい。
 形のままの茶を見る。飲んでみる。飲み終わった茶葉を見る。そして出来るだけ出自を調べる。今の所そうして茶を買うしか私には方法がない。オリジナルを作れと言う話もあるが、数多く売れないのもあるし、見本と同じ茶が出来るとは限らないのが今の中国の現実だと思う。あるきちさんが10年、20年後には変わると思うと言うけれど中国の変化はすごく早い。出来るなら3年、5年で、もう少し分かり易くなってくれれば嬉しいと思う。
 本当にプーアール茶の現状、わからない事が多すぎる。現状と言うより黒茶やプーアール茶自体があやふやなのに、わかった様なことを言う間違った情報が氾濫しているのは本当に悲しい。とはいっても長い年月、人類の健康に寄与した歴史は変わらない、美味しくて体に良いお茶だから、1日1日少しずつでも勉強して、良いお茶を皆さんで楽しめるように努力して行こうと思ってます。

[PR]
by natch551 | 2014-10-26 18:07 | 普洱茶
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31