今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:普洱茶( 25 )

プーアール茶って何?

 明けましてお目出度う御座います。
 やはり新年の始まりはプーアール茶から…、今年もよろしくお願いいたします。私は元旦に中華街で友人達とコスプレ写真で大騒ぎ、とりあえず西洋歴新年明けでした。
 昨年はお茶席でも茶会でも黒茶が例年以上に取り上げられとても嬉しく思いました。プーアール茶の良さがわかり、毎日飲んで下さる方が増えていくのは大歓迎です。
 ただ間違った情報も多くなるのがチョット気になっています。今年は皆様に正しい情報をお知らせすべく、もっともっと勉強し、発信していかなければと改めて思っています。
 七子餅357g1枚2000円、キャプションが古来よりの製法で他のプーアール茶とは違う、金賞受賞???
 新しい熟茶散茶100g58000円少数民族から直仕入れ???
 バブル中国で大流行の茶膏が秘密の製法で作られた秘薬???
 美顔、痩身etc.???
 プーアール茶は苦力茶とも呼ばれました。肉体労働者にとってこの茶は少ない食物を力に変え疲れを残さぬために一番良い茶だったのです。現在でも老人茶と呼ばれます。腸内細菌を整え、消化を助け血液をきれいに保つ事によって、成人病予防になりますし、一日飲み続けても胃にもたれない茶ですから。
 暑く湿気の多い日に飲む緑茶や、香りがセラピーにもなる青茶など、時と場合に応じて様々な茶が健康に寄与していると思います。だからプーアール茶だけが薬扱いされるのもどうかなと思います。そもそも病気を治す為の薬と、体調を整える物は違うのですから。
 古茶園はほとんど山の古茶樹で、管理しているのは少数民族です。あなたの売っているプーアール茶だけではありません。十年程前までは多くのプーアール茶が実生の古茶樹で作られていました。90年代の台地茶と呼ばれる茶畑では、紅茶と緑茶が主に生産されていました。2005年の自由化以後6000社といわれる茶廠がありますから、日本に入っているのはほんの一部だけです。プーアール茶は時間が経つほど美味しくなるだけでなく、健康にも良い発酵が進みますから、357g20,000円以上なら、古い茶や陳年茶の方が良いに決まっている。15,000円でいくらでもありますよ。
 現在のプーアール茶は90%は工場生産品、石磨圧制で作られた古茶樹餅茶が2000円なんてありえない。散茶は餅茶を一枚で買えなかった人のために作ったランクの低い茶で、それに500g以上で保存しなければ熟成も進まない。
 腹たててもしょうがないから、今年は私なりに頑張ろうと思います。どんな小さな集まりでもお声を掛けて頂いたら出かけて行こう。簡単で分かりやすいパンフレット作ろう。言ってしまえば引っ込みつかなくなって怠惰な私も動くと思う。自分を追いつめてパワーに変えよう。
 中国以上に間違った情報の多い日本で、少しでも皆さんに美味しいプーアール茶を知って戴きたいと、思い新たな新年でした。今年も皆様元気で楽しい年でありますように。本年もよろしくお願い致します。今年はひと月2回の更新を心がけます。
e0223339_16334280.jpg

 
[PR]
by natch551 | 2013-01-04 14:58 | 普洱茶

92年7581方磚茶

 1992年『雲南普洱茶磚』(7581) 、海馬さんが調べた所、昆明茶廠の7581方磚茶は1994年に生産を停止したことが分かりました。それ以後作られた茶は昆明茶廠の製品ではないのです。昆明茶廠の代表的な茶であるといわれる軽発酵茶7581方磚と吉幸牌金瓜茶に関して、それ以後に作られた茶は半生熟茶と呼ばれても製法も茶廠もまったく違う茶なのです。ですからそれらの茶が7581方磚と呼ばれる事自体が間違いなわけです。その辺は後日ホームページにて詳しくご報告致します。
 先日の香港では勐海茶廠について勉強したのですが、昆明茶廠も次回には勉強して来ます。講習会でも少しポイントの違う説明をしてしまいました。ごめんなさい。
 今回は茶席でこの昆明茶廠最後の92年7581方磚を皆様に楽しんで戴きたいと思っています。
e0223339_12105526.jpg

e0223339_12112258.jpg

 それにつけても私がこの様に節目になる良いお茶をそこそこの値段で仕入れ、皆様に納得のお値段でおわけ出来るのは、私が信頼出来るお茶屋さんと、良い先生に巡りあったお陰だとしみじみ思いました。勉強すればするほどそう思えるのは本当に幸せな事です。この二十年間私は三軒の香港のお茶屋さんと知り合い勉強させて貰いました。
 やはり、為替の状況や景気の悪さから、理想はわかっていても少しずつ変わっていってしまった店。お金をかせぐ事が一番である店。三件のお店には本当にお世話になりました。今だにそれぞれの店を尊敬しながらも少しずつ距離をおいてしまった店もあります。ここで仕入れれば間違いない、そう私が思える店は現在香港では一軒に絞られて来ています。
 そのかわり少しずつ私の眼で茶葉を見、試飲をし、資料を調べ、自分で仕入れる茶も増えて来ました。三年前に店を自宅に移してから、予約のお客様とセミナーが中心になった事で、ゆっくり旅行に出る時間が出来ました、その頃からでしょうか。
 私のお客様達がプーアール茶を勉強したり、プーアール茶を飲んで好きになればなる程、このお茶買っておいて本当に良かった。そう思えるお茶をどの程度選んでいけるのだろうか?
 プーアール茶は特殊なお茶だとつくづく思います。他のお茶にも陳年はありますが、この様に保存して、経年変化を楽しむ茶は他にはありません。少しずつ分かるにつれてまだまだ勉強しなければならない事ばかりが増えて来ます。責任の重さや、お茶選びの大事さ、そして怖さを感じた7581方磚でした。
 

 
 
[PR]
by natch551 | 2011-12-13 22:59 | 普洱茶

二十年後

 二十年後においしいプーアール茶が欲しいと注文がありました。「何年製の何を買ったらよいでしょう?餅茶七枚で予算はどの位みれば良いでしょう?」との事です。
 香港でも中国でも評価が決まった93年の7542通称88陳餅なら保証出来ますが、昨年よりオークションアイテムになってしまい、今買って後二十年置いておくのにはもったいないと思います。もう充分おいしいですから。
 99年製の易武山は3種類持っています。12年経ると味の違いがはっきりわかり、どれをお勧めしたら二十年後においしくなるかはわかります。これもご予算は七枚で15万円を超えます。一枚350gある事を考えると、青茶など他の茶と比べると高価とも言いきれませんが、せっかく二十年置いておくなら2010の茶でも良いのです。これなら、古茶樹の手作りで易武山の茶が一枚6,7千円で手に入るのですから。
e0223339_2003749.jpg

 ここで私はうーんと考えてしまいます。茶芸楽園の陳国義先生のおっしゃった「新しい茶を飲んでその二十年後がわからなければいけない。」はたして新しい茶を飲んで、私は陳先生の様にその茶の将来を自信を持って言い切れるのだろうか?
 投資と言うなら、孟海茶廠の7542、2002年製一枚15000円をお勧めします。しかし彼は飲んでおいしいが希望と言うのです。プーアール茶を売るのは難しいと、あらためて考えてしまいます。
 私が売った茶は皆以前より高くなっていますし、おいしくなっていると思います。その意味では良いプーアール茶をお勧めしている自信はあるのですが、プーアール茶を売ると言う事は二十年後を問われる事なのだとあらためて気ずいたのです。
 今年は私のまわりに赤ちゃんがたくさん産まれました。震災ベビーとか言って一月が予定日の人も二人います。ワインと同じにプーアール茶好きは誕生の年のプーアール茶を買って置いて、成人式に又結婚記念に飲むために保存しておきます。
 名のあるワインは二十年経つとだいたい十倍になりますから、誕生記念に買ったワインをヨーロッパなどでは成人式や結婚にに開けて楽しむ様です。プーアール茶も93年製の7542餅茶などは二十年を経て新茶の時の十倍以上の値段になりました。
 そんなわけで赤ちゃん誕生祝いに2010年製の餅茶は今から予約がたくさん入りました。プーアール茶もワインと同じに出来の良い年、悪い年があります。それでも誕生記念なら、少々出来が悪くてもやはり誕生した年のお茶を保存して、楽しみに待つのが良いと思います。
 しかし飲んでおいしい事だけを目標にする場合は最近ので良いのですから、本当に出来の良い年の良い茶を選ばなければいけません。責任重大です。
 確実な所で2004年製をお勧めしようかな?新茶を自信を持ってお勧めしようかな?心乱れますね。うーん最低五,六年経つたプーアール茶なら自信を持ってお勧め出来るのですが。
 プーアール茶講座などをするようになり、私のプーアール茶の話を聞いて下さった方々もあっというまに百人を超えました。
e0223339_2011498.jpg

 今秋は例年にもまして香港の茶商達が教えてくれた事、彼らの言葉の重みを感じています。暇さえあればプーアール茶の雑誌や本を読んでいる茗香茶荘の陳パパ、茶芸楽園の陳先生のさまざまな茶の揃った茶研究所を思い浮かべています。
 でもあまり考えてるとしわが出来るから考えるのをやめてプーアール茶でも飲もうかな。
 



 
[PR]
by natch551 | 2011-11-06 22:49 | 普洱茶

またまた嬉しい出会いです。

 「茶旅」なるブログを見ていた海馬さんが見つけました。易武の旅の所になんとなんと、「永聘号」の工場写真が載っているではないですか。「永聘号」は私達が昨年10月に昆明に5日間滞在して、茶葉市場でいろいろプーアール茶を飲み比べ、一番気に入って仕入れたプーアール生餅茶です。味と茶葉の形状で、原料が山の古茶樹である事、晒青緑茶作りや最終仕上げが手作りで有る事はわかりましたが、工場を見たわけではありません。
 写真を見ると易武山の辺鄙な所で思っていた以上の家内工業、出来上がった餅茶も天火乾しです。さっそくお買い上げいただいた皆さんにも、この写真をご覧戴きたく著者にメールしました。
e0223339_23462238.jpg

e0223339_2355039.jpg

 インド旅行中の著者より、日本に帰りしだい伺いますとの事、今日お会いする事が出来ました。この広い東京で、お住まいは歩いて三十分の所です。初めてお会いするのに話がはずんで、気がついたら6時間もおしゃべりしてしまいました。
 須賀努さん、ナイスガイです。上海をかわきりに、香港9年、北京と、金融会社で海外駐在され、今年の5月に早期退職された方でした。今年は充電して、いずれはアジアの歴史や経済などをのんびり若い人と勉強したいと、「寺子屋チャイナ」を主催しています。東洋哲学に一番ご興味があり、その過程でお茶にも出会われたようです。
e0223339_23564550.jpg

e0223339_2357749.jpg

 どうしても気になっていたプーアール茶と健康についての証明は、薬理学者中村博士との出会いで実験も始まり道がついて来ましたが、もう一つ気になっていた香港のプーアール茶の歴史、お茶と茶商の歴史はいつかきちんと整理したいと考えながら、そのままになっていました。
 茶商達も50代以上の人々は英語が話せません。そんなわけで私一人ではいろいろ知りたいと思っても、中々わからない事も多かったのです。まーなんという事でしょう。須賀さん来年1月から4月まで香港大学に研究生で受け入れて貰う予定でした。茶商達へのインタビューをご自身の勉強にもなるので喜んでしていただけるとの事です。私は質問を出して、後はおんぶにだっこになりそうです。
 戦中戦後を知っている人達も早くお話を伺いわないと皆お年を取ってしまいます。一日も早くとは思っていたのですが、今まではチャンスがありませんでした。やっと私の方の準備も出来たから機会を与えられたのかも知れません。お陰様で来年早々の目標が出来ました。今日の嬉しい出会いを実りあるご縁にしなければいけないと思っています。中国語を本気で勉強しよう、今日はそんな決心を新たにしています。
 
[PR]
by natch551 | 2011-10-21 22:15 | 普洱茶

茶頭

 2月4日は新年ワインパーテイーにゲストで招いていただきました。高層ビルの最上階、マンション居住者専用の素敵なお部屋に、助手の倫子さんと伺いました。キッチン付きなので、料理自慢の奥様方手作りの本格イタリアンおいしかったです。
e0223339_18351815.jpg

 春節2日目ということで、皆さまに中国茶を入れさせていただきました。
 50人ほどいるので大変でしょうと言われましたが、普洱茶の「茶頭」があれば大丈夫です。このお茶はくせがなく油ものにも合いますよ。香港協会のクリスマスパーテイーでは80人分、理事の皆さんが香港で買ってきて下さったヤムチャ用の、600ccほど入る大きなポットが12個用意されていました。それぞれのポットに3回づつは入れたから、36煎は茶葉を替えずに入れることができました。
e0223339_18364289.jpg

 4日の茶はまだまだ捨てるにはもったいないと、ガラスポットに入れたまま家に持ち帰り、10煎は楽しみました。
 ウェルカムテイーは鳳凰単叢、食後は武夷岩茶です。
 90年代の茶頭は茶壺天堂の名物です。可溶水分が多いので、一人暮らしのお客様は一週間飲んだとか、この茶を飲むようになってから他の茶が減らなくなったと言われたり、普洱茶嫌いの人が好きになったりと、一度飲み出すと必ず追加注文が来るお茶です。昨秋昆明では新しい茶頭しか見当たらず、昨年2月に広州で30kgほど仕入れた茶は、12月に終わりになってしまいました。皆様にご迷惑お掛けしながらこっそり自家用だけは確保、ごめんなさい。
 今では「茶頭」というとご存知の方も多いのですが、5年前に仕入れた時にはまだ知る人も少ない茶でした。簡単に言うと、普洱熟茶の堆積過程の最後、表面の茶は乾いてしまいます。それを取り外し成型して熟茶を作ります。その表面の乾いて固まった茶が茶頭です。直径2㎝から5㎝位の不定形で、何煎入れてもゴロゴロした形のまま散茶にはなりません。今では10万円近くになった餅茶なのか、1万円代の方磚茶なのか、その元の茶葉はわかりません。一袋の中にも大きくて色の薄めの茶、小さめで色の黒い茶などがごたまぜですが、その分お安くて普段飲むにはうってつけなのです。
e0223339_18374982.jpg

 ああ、来週は広州仕入れ。あれもこれもと手持ちが6〜70kgにはなってしまい、帰りの空港ではいつもバトルです。チョットさばよんで「私は40kg、主人は50kgしかないのだから」とねばっていつも60kg近く預け入れるのですがこれが一仕事、考えるだけで疲れちゃう。でも税金や送料は高いですから、少しでも安く売るにはやはりハンドキャリーが一番。
 中国では郵送するのも制限があり、普洱茶は茶葉がくずれる心配はないのでその分気が楽とはいっても重さはあります。どうやって持って帰ろう。旅の前にはいつもそれで頭がいっぱい、中国本土から送る荷物は様々な問題に悩まされます。だれか良い方法ありませんか?
[PR]
by natch551 | 2011-02-13 18:38 | 普洱茶
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30