今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:茶会( 9 )

茶請けと点心

 中国茶が日本独特の発展をしてきたなーと感じる事にお菓子の扱いがある。
 中国で作られた「現代工夫茶二十五序」に寄れば、一番;客が座るから始まる一連の進行の中で、二十三番;韻を楽しむ(茶の残り香をのど、口で楽しむ)の後、最後の二十五番;客を送るの前、二十四番;茶菓子を食べるとある。
 日本の茶道では茶の前に菓子を食べるのが一般的である。家庭でのおもてなしでも菓子と茶を同時に楽しむのが普通だと思う。その場合菓子が主役で茶が従である方が多いと思う。 
 茶道のお茶会のお客様にとってもお菓子は重要な位置を占めるように感じる。小笠原流のお家元いわく、「初釜の時、表千家がじょうよ饅頭というお菓子であるのに対して、裏千家ははなびら餅(昔のお総菜)。それを見れば裏千家より表千家が格が上だったとわかる。」と言う。現在はなびら餅が総菜から来ている事を知らない人もいるし、饅頭より高級な菓子だと思っている人だっているから、素人の私には良く分からない世界だけど。
 私は日本の中国茶会で出てきた黄身餡の月餅が忘れられない位美味しかった。でもその時何のお茶と一緒に食べたのか、お茶の方は記憶にない。煎茶の茶会でも季節に合った菓子のいろいろは目でも楽しく、食べるのは至福の時だけど、茶に関してはたいてい菓子ほどの説明がない。日本の中国茶の茶会では一つの茶に一つの菓子が一般的だと思うし、どの菓子がどの茶に合うかは、茶会の主催者にとって頭を悩ます所だと思う。
e0223339_22192763.jpg

 転じて中国で中国茶を楽しむ場合、菓子はそれ程重要ではないと思う。なぜなら彼らとって、茶請けと点心(飲茶に分類されるエッグタルトやパイなど)は分かれている。茶が主役の茶席に点心の類が出される事はない。葉榮枝先生と岩茶を飲んでいた時の事、何か食べようと言う事になり、夏だけどビールを飲めない私は、もう出がらし近くなっているその茶を飲もうとしたら、この茶は食べ物と一緒に飲むなと止められた。また茗香茶荘に友人が果物持ち込んで、茶の共にしようとしたらマイケルに止められた事もある。
 お茶屋さんに行くとテーブルに胡桃や種類は置いて在るし勧められもするけれど、友人の茶荘に私が行くと分かっていても、良いお茶は用意してあってもケーキを買って待っていて呉れるなんて事はない。陳国義さんと二時間もお茶飲んで、帰ろうとしたらお嬢さんがお菓子を持ってきて呉れた事もあるけど、お茶飲んでる二時間はお菓子なしだった。
 喫茶店代わりの茶館に、食べ放題のいろいろが並んでいる事もあるし、もちろんメニューには簡単な点心もある。だけど何か違うんですよね。茶が主役で菓子が従の時、食事が主役で茶が従の時がはっきり分けられている様な気がするのです。
 この違いは何かと考えると、まず日本のお菓子がすぐれている事かな? 季節、地方、それぞれ文化の一つと言いたい位、五感で楽しめる数々のお菓子がある。毎年新しい物も出てくるし、伝統的な菓子も毎年新しい発見がある。日本の菓子は茶道と共に発展してきたと言っても過言でないかも知れない。そして来客のおもてなしの基本に、菓子は伝統的に主役であったと思う。茶話会なんて言葉もあるしね。
 一方中国では医食同源から発した茶請けは乾燥果物が多いし、それは又毎年進化しているのだ。今年の漢方学会で山査子の効能がテーマになったと聞いたばかりで、今まで見なかった山査子の丸ごとの乾燥果物が作られたりする。銀杏の殻つきローストなど、日本でも売って呉れないかと思うほどいろいろある。彼らのおもてなしの基本は伝統的に食事なのかな? 茶席は楽しいけれど彼らにとって日本より非日常的空間なのかも知れない。
 それに加えて日本人は食事の最中にあまりお茶飲まないような気がする。だから食事の時のお茶は発展しようがないのかも知れない。食事終わった時お茶飲むけど、最初から飲みながら食べる人はあまりいないのじゃないかな。広東省のように席につくとまず “何のお茶?” で始まり、料理が出来るまで茶を飲んですごす習慣はないのだから。彼らは体調に合わせて食事時の茶を選ぶ。うちでは食事と同時に茶を出すけど飲んで食べるのは私位(笑)皆さん何も飲まないでも平気で食べてる。たぶん食事の内容にもよるのだろう。日本では汁物が同時に出るし、昔は油のきつい料理もあまりなかっただろうから。
e0223339_22202875.jpg

 私もお茶会に呼ばれていろいろなお菓子を戴き眼でも楽しみ美味しく戴く。ただ自分が茶会をしたらお菓子は出さないだろうな。うちの講習会でも戴いたお菓子を楽しみながらお茶を飲むけれど、自分でお菓子用意する事はない。お茶とは別に食べる時間をとる。たぶん香港でお茶に出会い、勉強したからそんな習慣がついたのかな? 今年を振り返ってふと気になってしまった、少数派のひとり事です。
 何かご意見あったら聞かせて下さい。
[PR]
by natch551 | 2015-12-07 22:22 | 茶会

ごめんなさい、お茶会は中止。なっちゃんまた失敗です。

 日中友好条約の基礎が出来たのは、1972,9,29日、日本でもその年に日中友好協会の活動が始まったらしい。委員会では「私は42年この活動をしている」がお題目、文化交流委員の半数が70代、80代になる。若手は大学生の頃より活動している60代です。このままではいけないと友好協会でも危機感を持つ人が50代を委員長に投入して私も請われてお手伝する事に。しかし既存の年寄りパワーに寄り切られ新任の委員長は首に。しかし今年は中国茶を重点課題にしたいとの事で会長が場所を借りて下さった。
 そこは20アンペアしか使用出来ず、広すぎて制約も多い。内容にもいろいろご注文がありました。そして九日に最終打ち合わせの会議があり、「こちらで募集したところ出席希望者は五人でした。後は井上さん集めて下さい」「うちで計画した事で八人以上集まる事はないんですよ」と、統括なるおじさまの弁です。(笑)
 前二回の会議で五十人、五十人と連呼していたのは何だったの?そうか前年に私が主催した「孔子学院夏の茶会」出席して下さったの六十人だったものね。
 だったら好きな所で好きな様にしますよ。思わずでちゃった言葉が「では中止にしましょう」二十一人いた委員が皆ぎょっとしたように私を見つめます。二十人の委員さんがお友達二人ずついれば、それだけで四十人でしょ?それもいないの?(笑笑)。人におんぶに抱っこで手柄を作り、ただで中国に旅する。役職を偉そうに振り回す。もちろんすべての方がそうだとは思わないけど、長く活動していれば良いって???
 今の中国にはいろいろあるけど、茶だけでなく、書も思想もその他たくさんの事を私達にくれた国だと思っているし、何か出来る事があればしたいと思うけど、しっかりおもてなし出来ないならそれはやめるしかない。ご案内出してしまった方々には本当に申し訳ありませんでした。「エコ茶会」ではそのぶんサービスしますね。
 五年前には「日本香港協会」からもご依頼受け、しばらく中国茶講座したけど、あの団体は現役時代の役職が生き続けているのに違和感があり、震災を機会にやめさせて戴いた。友好は良いけど団体は難しいですね。
 良い勉強になりました。いくつのなってもお馬鹿な私の日中友好協会顛末記です。もちろん文化交流委員辞任しますよ。
e0223339_15055606.jpg
 それが先週のお話、週あけて私もついに高齢者の仲間入り、年をとる事に対して考えさせられたのはラッキーかも知れない。今年は体も仕事も見直さなければならないいろいろが噴出、いくつになっても謙虚である事、勉強し続けなければいけない事を教えてもらった年でしたね。ありがたく受け止め新しい年迎えました。皆様今年もよろしくお願いします。
 

[PR]
by natch551 | 2014-08-12 14:43 | 茶会

8月23日処暑の茶会

 東京日中友好協会様より中国茶に興味のある方にその楽しさをわかって戴く茶会の開催依頼を受けました。
 幹事さんも初めてと言う事で、最初は会場にお茶室をさがされて吃驚、会議で一度お茶淹れを披露して中国茶をご理解いただきました。会場に借りて下さったのが「リフレッシュ氷川」です。渋谷で良い場所ですが、並の会議室の六室分はある広いスペースですが、電気容量が20アンペアしかないのです。会費1000円、500円茶席は三席、初めての方には分かりにくいプーアール茶席は無料にして、半分は仕切って受付とフリースペースにする事にしました。
 先週、下見と細かい相談を日中協会のメンバーお二人として、茶席は二種類のお茶とお菓子、そこまでは良かったのですが、何か言ってる事が違う。そこに事務所から徒歩二分と言うので、巻き込んでしまったうらりんさんが登場して良かった。先方は三席同じお茶、同じお菓子、同じ設えが当たり前だと思っていたらしい。又々びっくり。参加出来るのは一人一席にして欲しいとの事。私はいつものように緑茶席、白茶席とか青茶席など作って、出たければ一人二席でも良いと思っていました。お茶席作りプロのうらりんさんが上手くお話下さって茶席の茶二種類のうち一種類とお菓子は同じ、設えは席主さんの個性でと言う事で一件落着。
 昨年「エコ茶会」に見えた初めての方が茶席を選べなかったのは、お茶の名前がわかりにくかっただけではなく、どの茶席も同じお茶だと思ってたのに、自分でお茶を選ばなければならなかったせいもあるのかも知れませんね。
 お茶にくわしい方がいらしてもご満足戴けるようにプーアール茶席はチョットひねろうかなと考えてます。そこだけは自由裁量にして戴きました。
 今年は中国茶好きの裾野が広がるように努力しようと思っていたら、そんなお話が次々と舞い込みます。
 入門篇のお茶をプロデユースして欲しいと頼まれたので、初めての方に伺うと「“鉄観音”をまず飲んで見たい」との事、私も二十五年程前に始めて買ったのは「鉄観音」だったと考えて見回すと、値段、味がそこそこの単純な「鉄観音」見つけにくい事を発見しました。二十五年前の自分はどうだったのかを考えながらお茶の組立をしています。同じ値段なら何々の方が良いいのに?なんて、今の自分の考えは少し抑えて考えなければいけないんですね(笑)美味しくて買いやすい鉄観音難しい。
e0223339_15365746.jpg
 「プーアール茶って何?」と言う本を書いて、分かりにくい黒茶をわかりやすくお伝え出来たらと考えてたら、お茶の基本がわからないと黒茶って何がわからない。まずお茶って何?から書いて欲しいと編集者に言われて図書館通い(笑)
 どの方に言われた事も眼からうろこです。わかりやすさ心掛けていたつもりでしたが、もっともっと基本から説明するのが中国茶に興味をもって戴くには大切なんですね。
 政治はさておき、そのせいで餃子を嫌いになる人は殆どいないわけだし、せっかく与えて下さったチャンス、どれも一生懸命努力してみようと思います。一人でも中国茶好きになって下さる方がいたらとても嬉しいですから。
 とりあえず二十三日のお茶会にも「中国茶って何?」をまとめて皆様にお渡ししたいと言う事になりました。ちょうど調べて原稿書いてたから早急に短くまとめなおさなければ!しかし難しいです。今日も暑いです。テレビ見て昼寝してさぼりたーい。
 

[PR]
by natch551 | 2014-07-27 14:57 | 茶会

贅沢に、我儘に、何より自由に楽しみたい

 暑い夏ですね。ご無沙汰してしまい、何人かの方々に何かあったのですか?元気でしたか?とのメールや投稿を戴き恐縮です。また、気にして読んで下さる方がいらっしゃる事、あらためて嬉しいです。
 とっとちゃんの幼稚園から大学まで、自由すぎる育ち方をしたせいでしょうか?香港の自由なお茶に慣れているからでしょうか?うちのお茶会は何でもありです。
 小学校はグループで座り、散歩、映画、彫塑、工芸、絵画とありの自学自習、通信簿は自己申告で算数は2年生の終わりまでありませんでした(笑)。先生はあだ名でちゃん付けです。香港の茗香茶荘では私が飲んで見て欲しいプーアール茶など持って行くと、隣の部屋からお茶会の最中の人達がクリームパンなどかじりながらぞろぞろ集まってきて勝手に感想言ったりします。
 もちろん日本のきれいにセッテイングされたテーブルで淹れて戴くお茶席も好きです。ただ隣の茶席のお茶も美味しそうだったら一杯戴いたり、もう一煎飲みたいのに時間が来てしまったりするとチョット残念。我儘ですよね。
e0223339_1592796.jpg

 そんなこんなでこの夏は8月10日、孔子学院サテライトスペースでそんな我儘な茶会してみようと思います。いつも私の講座は回りのお教室から「少し静かにして下さい!」と言われてしまうのですが、8月3日に他の講座は皆終わり、10日は誰もいないそうです。少々さわいでも大丈夫かなと?。
 お茶席は三つで六種類の茶、最近は有機であるのはもちろんですが、実生で伝統製法の人の手がたくさん掛ったお茶を選ぶようにしています。これも贅沢ですね。自分で淹れてみたい方はそれもOK.
隣のお茶に手をだしても良いですよ。戴いたお茶見てもらったり、質問や何でもOK.
これも皆、人に恵まれて出来る事。私の一番の贅沢は本当にたくさん、良い茶友がいる事ですね。
孔子学院も広くてきれいなスペース、新宿駅徒歩三分、信じられない位お安く貸して戴けました。
 私事ですが、九十二歳の認知症の母が隣にいます。この所やはり手の掛る事も多く、言い訳ですがブログ書くのも億劫になり反省してます。だから無礼講なお茶会、私が一番楽しみにしている見たい。皆さんも一緒に茶会でストレス解消していただければ何より嬉しいです。
 介護保険なる制度、一家に一人は専業主婦が居るという前提があるらしく、納得行かない部分もあります。それはそれで良い勉強です。仕事している女の人が少しでも負担なく介護出来るよう、安易な妥協はせずに一つ一つ話し合い、納得出来たら動くようにしています。茶友の方の中にも両親の介護でお茶続けられなくなったり、仕事やめたりしているのを見ると心が傷みます。自分の世界を持ち続けるのは決して我儘ではないと思います。ご両親も娘が犠牲になったら決して幸せではないと思うのですが。当たり前の事言っても「菜津子さんすごい」なんて言われてしまう。私のこれまでの生活そして香港で働く男女の同権を二十五年も当たり前に思って来た私には介護の世界は驚く事ばかりです。だから介護も菜津子流、たいていの事は笑って流してしまうようにしていますが。
 母は開業医の妻として、レセプトや使用人管理など自分の世界を持てなかったのもしょうがないのかなとも思いますが、お茶の先生や絵書きさんなど主婦でも自分の世界を持ち、百歳でも認知のない親戚などみるにつけ、どんな事でも良いから自分の世界とたくさんの友人は必要だなとこの頃つくずく思います。こんな我儘な私が楽しく仕事を続けられる事、回りに感謝感謝!ブログを読んで下さる方々、私の回りにいるすべての皆様心から有り難う御座います。
e0223339_261749.jpg

 
[PR]
by natch551 | 2013-07-13 22:01 | 茶会

適量

 中華料理は一皿の分量が決まっているから、人数が増えたら皿数を追加しろといわれます。大体は人数プラス一皿を目安に、スープや前菜のボリュームからメニューを選びます。レストランや地方に寄って多少一皿のボリュームは違いますが、炒めものなどは一回に作るおいしい分量があり、それを外す事は出来ないそうです。
 今回家常菜と言われる家庭料理にもそれぞれ一回に作るおいしい分量があるという事を実感しました。お茶会ではよく豚バラ肉の煮込みを作ります。まねして作るけど肉が硬くなってしまい、私の作るようにやわらかく出来ないと皆に言われます。たぶん肉が悪いのでは?ただ圧力でやわらかくしているだけなので、コツなど教えようにもありません。今回若いお客様だったので、三人分400gの肉で作りました。なんと肉が硬くいつもの味ではありません。そうか本で読んだ時、肉2kgだったのです。お茶会では十五人分位作るからいつも肉は1kg以上です。だからおいしいんだと初めてわかりました。
カレーやハヤシもいつもおいしいと言われるのは15人分は作るからなんだ。
 そう思うと、日本の煮物も同じですね。おからやひじきは大好きだから多めに作っても良い。いつも多めに作るからおいしい、肉じゃがは海馬さんも私も少ししか食べないから、いつも少しだけ作る、あまりおいしく出来ないからいつからか作らなくなっちゃった。
 香港土鍋飯もいつもおいしく出来るのに飯茶腕軽く2杯分作ったらおいしくなかった。最低3杯分作らないと美味しく出来ません。
e0223339_1533631.jpg

 これは料理に限りません。やはりお茶も同じだとおもいます。プーアール茶は最低7g位から、いろいろ試してみてもあまり少ないと美味しく飲めません。蓋腕や茶壺が小さくても茶葉はたくさん入れます。少し大きめでも7g入れれば美味しいです。もちろんプーアール茶にもいろいろありますが、最近いろいろ飲んでみての私の感想。
 昨日は誕生日、たくさんの方々からお目出度うの言葉を戴きました。中国茶を通じてたくさんの魅力ある若い人達とお友達になり、本当に嬉しく思います。たいていの場で見回すと私が一番年上の事が多いのですが、精神年齢は年に追いつきそうもありません。
 これからも楽しくお茶を勉強して行きたいと思いますが、仕事や勉強、遊びの適量とはどの位なんだろう?今の私、30代の適量とは違います。同じプーアール茶でも微妙に違います。私の適量はきっと私しかわからないのでしょうか?昨年の私の動きは良かったのだろうか?軌道修正しながら今年も最高の自分を出していかなくてはと心新たにしています。(オリンピックの影響?)
 確実なのは年をとるほどたくさんの方の助けがあって、今の私がある事だと思います。そして助けられるのはとても嬉しいけど皆さんのお役にたてた時はもっと嬉しいと感じられるこの頃です。
 今年はめずらしく誕生日に一日仕事?楽しく新しい年がはじまりました。適量を守り、もう一回り輪が広がって、皆様と楽しく実りある年になりますように。


 
[PR]
by natch551 | 2012-08-13 00:50 | 茶会

茶の原産地紀行

 ぐたぐたしているうちに、あっというまに盆休みも終わりました。プーアールドットコムの藤本さんのブログ「茶想」おもしろいです、暑い日々を冷房の効きが悪い部屋で汗流しながらこのブログ読んでました。
 いつまでもそうしていられたら良いのですが私もそろそろペースを上げて動き出さないと。
 今週土曜日はプーアール講習会第2回の予定、準備もしなければ。
 龍神村の周さんも真剣に茶に取り組みだして、今日も昔から山茶を作っている山奥の農家まで、遠征したとメールが来ました。和歌山県に村起こしで申請するから、至急私の略歴を送って欲しいとの添え書き付きで。
e0223339_1144538.jpg

 8月初めの事です。雲南省のラオスと国境を接した村の古樹茶を、今までのように晒青毛茶として売るのではなく、村の人達が自分達の力でプーアール茶に仕上げて販売したいので、いろいろ教えて欲しいとの話があり、とりあえず見本をいくつか飲んでみました。
 まずこの場所の茶樹の起源を調べなければと海馬さんが松下智先生の「茶の原産地紀行」を図書館から借りて来ました。時間は長くかかっても良い茶を作りたいとの話ですので、私達も出来るだけのお手伝いはしたいと思っています。
e0223339_1181369.jpg

 8月13日のお茶会、出席者は普段より少なく男性ばかり、おしゃべりよりプーアール茶大好きが集まったので、同じ1999年に易武山で製作された3種類の茶、同じ雲南省の茶葉で同じ年代でも違う山で製作された茶など、いつもより真剣に飲み比べて見ました。Mさんが並んで買って来て下さったドーナツがお供です。かわいくて、男連中も皆感激、ヒョットして、11日が私の誕生日だって知ってたのかしら?。プーアール茶もテーマ決めてこうして一度にじっくり飲んで見ると、今まできずかなかった事も少しずつ見えて来ます。同じ雲南省の大葉種といってもいろいろあります。茶の原産地勉強し直さなければいけないね、などなどはなしていたら。
e0223339_1203885.jpg

 なんと遅れて来たあるきちさんが、中国茶交流会で初めての講演会をすると、皆にビラくばり、9月10日松下智先生が名古屋より見えて「茶の原産地紀行」をお話戴けるとの事です。第2土曜日はいつもお茶会と決まっていますが、皆で相談して、お茶会前に松下先生の講演会に出席し、お茶会の開始は3時半からにしました。
 なんか此の所シンクロしてます。会いたいと思っている人にお会いする機会、知りたいと思うと資料が到着、チャンスが到来します。本当に嬉しい事ですから、私もできる限り知っている事、人脈、その他、お役にたてる事はお茶を勉強している若い人々におすそわけしよう。
 藤本さんや、周さんののんびり生活を少しうらやましいと思いながら、今年後半も私はなんかせかせか動き回っているのだろうな。
 

 
[PR]
by natch551 | 2011-08-23 23:21 | 茶会

桜咲いて活動再開とkif-kifの会

e0223339_12473265.jpg

 今日は先月中止になったClub_Leafのお茶会をしました。白茶いろいろ、新茶の龍井、単叢の八仙、凍頂ウーロン、東方美人、93年7542プーアールなどなどですから、本当に贅沢な時間でした。どれも選りすぐりのお茶で、参加した方たちからの差し入れです。私のお茶はプーアールと白茶だけ、あとは賄い飯とお水を用意して、お菓子の差し入れも7,8種類ありました。
 午後2時からの開始で、今日は早めに終わりましたが9時すぎていたかな。ざっと7時間はお茶飲んでいたのですね。先日3日の広州旅行仲間との会も楽しかったし、11、12日もお茶会です。
 自粛、自粛で不景気にあえいでいる人の多いこの頃、みんなが変わらず来てくれて、買ってくれて、たくさん笑っておしゃべりして、私はなんて恵まれているのでしょう。そう考えるとこれからは少しでも皆さんのお役にたちながらの経済活動を考えなければと思います。

e0223339_12475598.jpg

 とりあえずおいしいもの大好きな私、フレンチと中国茶で夜の講習会はじめます。第一回は18日6時より、白金高輪のKif-Kifさんとのコラボです。お料理とっても楽しみです。
 季節のフレンチレシピ付、最高の緑茶、プーアールともりだくさんで会費5000円、お陰様でお声を掛けた方皆さん出席予定です。
 楽しい会にしなければ。。。ひと月一回を予定してます。そのうちフレンチの賄い飯作りますからお茶会で楽しみにしてくださいね。
 節電は大切ですし、買いだめもいけませんが、過度の自粛で倒産したり、キャンセルに苦しんでいるレストランやホテルも多いのです。5月の連休海外旅行キャンセルした人、せめて国内旅行や外食をするのも必要かと思います。一年かけて若い人中心の本も企画したいし、今月はよその講習会やお茶会にも積極的に参加しようと思います。少しでも出来る経済活動する事が復興支援につながると思います。
 7月になったらまた秋の広州旅行計画しよう。ベトナムやマレーシアにも行きたいな。それには仕事も一生懸命しなければ。被災地の方々にまけぬよう頑張って、今年は例年以上に経済活動しようと思います。
 毎日ニュース見ているだけで、鬱になったと来た人もいるし、不安で夜出かけたくないから旅行キャンセルした友人もいます、そんな気持ちもわかります。無理する事はありませんが、少しずつでも前向きに元気だして行ければ良いですね。私達が元気であってこそ被災者の方々をささえて行く事ができるのですから。
 
 
 
[PR]
by natch551 | 2011-04-09 22:55 | 茶会

お茶会再開します

 東北関東大震災から10日たちました。少しずつですが復興のきざしも見えて来た様子。3月のお茶会は皆中止しましたが、4月は新しい気持ちでお茶会再開したいと思います。
 水道水の放射能も一週間すると平常に戻るとか、どうやら来週からは暖房しなくても良い位暖かくなり計画停電も一時中止になるとか。
 長期化するだろう復興の道のりの中で、そろそろ元気を出して何か皆で出来ることを考えて行きたいと思います。皆さんからいただいたメールの中に「中国茶を愛するグループでも何か出来ることしよう」というのが何通かありとても嬉しかったです。みんなで集まってよい知恵を出し合いたいと思います。

e0223339_002417.jpg

 4月3日には旅行組が集まります。9日は茶壺天堂慣例の茶会、11,12日は3月開催予定が延びてしまった鶴見大学組の皆さんと久しぶりにお会い出来ればと思っています。連休前には香港協会のクラスの皆さんともお会いしたい。春のまかい飯、新しいメニュー考えよう。桜の花の塩漬けも用意しました、どのお茶と合わせようか?新しいグラスも欲しいな。
 いつも散歩する「万葉の小道」の桜の蕾もふくらんで来ました。砧公園の大きな桜や東宝撮影所の川沿いなどなど、昨年のようにお茶道具を持って花見に行こう。テレビを見ていると暗くなってしまう気持ちを少しでも明るくしたいと思ったら桜の花のことを考えます。

e0223339_012789.jpg

 とりあえず私はブリタで浄水した水を使おうと思います。アカちゃんや次世代をになう子供たちのために水は買いません。なるだけ関東地方の野菜を買おうと思います。東京でも心配事は絶えないけれど、出来ることはベストを尽くし、自分でどうしようもないことは笑顔でやりすごしたいと思っています。
 避難所の皆さんからあらためて教えて貰いました。元気が一番、笑顔が一番、何があっても前向きに進もう。
 
[PR]
by natch551 | 2011-03-23 23:49 | 茶会

皆様ご無事ですか

e0223339_12163086.jpg

12日、14日、15日とお茶会を予定していましたので、楽しいお茶会のご報告をと思っていましたが、この大震災が起きてしまい、とりあえず落ち着くまではお預けです。
 皆さまとゆっくりお茶を飲む、そんな時間が持てるのは、平和で幸せなことなのだと新ためて感じています。私の周りはお陰さまで皆無事ですが、被災にあわれた方々のご不自由な避難所生活、命を落とされた方や未だに安否不明の人々の事を思うと本当に心が痛みます。桜の咲く頃には原発の問題も含めもう少し落ち着いてほしいと心から祈っています。お茶会を再開できましたらご報告いたします。

 今出来ること、少しでも節電して、買い占めなどせず、体調管理して、迷惑をかけぬように落ち着いて過ごしたいとおもいます。皆さまに良いニュースを早く届けられますように…。
[PR]
by natch551 | 2011-03-16 18:14 | 茶会
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30