今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

茶の原産地紀行

 ぐたぐたしているうちに、あっというまに盆休みも終わりました。プーアールドットコムの藤本さんのブログ「茶想」おもしろいです、暑い日々を冷房の効きが悪い部屋で汗流しながらこのブログ読んでました。
 いつまでもそうしていられたら良いのですが私もそろそろペースを上げて動き出さないと。
 今週土曜日はプーアール講習会第2回の予定、準備もしなければ。
 龍神村の周さんも真剣に茶に取り組みだして、今日も昔から山茶を作っている山奥の農家まで、遠征したとメールが来ました。和歌山県に村起こしで申請するから、至急私の略歴を送って欲しいとの添え書き付きで。
e0223339_1144538.jpg

 8月初めの事です。雲南省のラオスと国境を接した村の古樹茶を、今までのように晒青毛茶として売るのではなく、村の人達が自分達の力でプーアール茶に仕上げて販売したいので、いろいろ教えて欲しいとの話があり、とりあえず見本をいくつか飲んでみました。
 まずこの場所の茶樹の起源を調べなければと海馬さんが松下智先生の「茶の原産地紀行」を図書館から借りて来ました。時間は長くかかっても良い茶を作りたいとの話ですので、私達も出来るだけのお手伝いはしたいと思っています。
e0223339_1181369.jpg

 8月13日のお茶会、出席者は普段より少なく男性ばかり、おしゃべりよりプーアール茶大好きが集まったので、同じ1999年に易武山で製作された3種類の茶、同じ雲南省の茶葉で同じ年代でも違う山で製作された茶など、いつもより真剣に飲み比べて見ました。Mさんが並んで買って来て下さったドーナツがお供です。かわいくて、男連中も皆感激、ヒョットして、11日が私の誕生日だって知ってたのかしら?。プーアール茶もテーマ決めてこうして一度にじっくり飲んで見ると、今まできずかなかった事も少しずつ見えて来ます。同じ雲南省の大葉種といってもいろいろあります。茶の原産地勉強し直さなければいけないね、などなどはなしていたら。
e0223339_1203885.jpg

 なんと遅れて来たあるきちさんが、中国茶交流会で初めての講演会をすると、皆にビラくばり、9月10日松下智先生が名古屋より見えて「茶の原産地紀行」をお話戴けるとの事です。第2土曜日はいつもお茶会と決まっていますが、皆で相談して、お茶会前に松下先生の講演会に出席し、お茶会の開始は3時半からにしました。
 なんか此の所シンクロしてます。会いたいと思っている人にお会いする機会、知りたいと思うと資料が到着、チャンスが到来します。本当に嬉しい事ですから、私もできる限り知っている事、人脈、その他、お役にたてる事はお茶を勉強している若い人々におすそわけしよう。
 藤本さんや、周さんののんびり生活を少しうらやましいと思いながら、今年後半も私はなんかせかせか動き回っているのだろうな。
 

 
[PR]
by natch551 | 2011-08-23 23:21 | 茶会

周さんと龍神村の晒青緑茶、そしてコウロ種という茶樹

 不思議不思議、私が晒青緑茶と言っていたら、和歌山県熊野の龍神村から晒青緑茶が届きました。
 八十年代に今は伝説と言われる「三宿食堂」をやっていた森口周さんより、故郷の龍神村に帰りました、との便りと共に昔からこの村の人が飲んでいる山に自生している茶樹で手作りした茶が届きました。
e0223339_0491191.jpg

 昔から山にはコウロ種と呼ばれる、茶葉の大きさが手のひら大の茶樹があるそうで、調べてもらったら、雲南省のプーアール茶の原料になるアッサム種の大葉です。現在でも山に自生している茶樹は村の人が秋になると落葉を木の根元に集めて肥料にし、春の茶葉を摘んで釜炒りし、揉捻して、天日で乾して飲んでいるそうです。これってまさに晒青緑茶です。
e0223339_0495020.jpg

 大正時代の揉捻機も納屋に残っているそうで、その頃はアメリカに輸出もしていたという事です。えーそーなんだ。飲んでみるとおいしいお茶です。雲南省の晒青緑茶と変わりません。それが少し優しくなったそんな味わいのお茶です。周さんも村起こしのきっかけにしたいとの事で、土曜日のプーアール講習会の10人、鶴見グループのお茶会など20人程に飲んで貰いました。感想はこのお茶買いたいとかおいしいの声が多く、来年に向けて商品化出来るかも知れません。
 晒青緑茶は発酵茶ですから、プーアール茶と同じ効果があります。日本でも昔は貧しく完全栄養がとれない田舎の人々は、こんなお茶飲んでいたのだとあらためて思いました。そんな話をしていたら、海馬さんが、熊本でも茶畑にコウロ種が自生しているらしいとネットで調べてくれました。高知に住んでいた人からは今もそのような茶を作って飲んでいるという情報もいただきました。
 紅茶をイギリス目線だけで語ってはいけません。それより千年も前から世界に輸出されていたのです。そんな事を講習会でいっていた私が、日本の緑茶は宇治茶とか九州、静岡のブランド茶中心の目線で見ていたのでしょう。反省と勉強不足を痛感しました。日本の発酵茶は碁石茶やバタバタ茶のように、漬物にした茶のイメージが強かったのです。晒青緑茶があったのですね。考えて見れば此の方が完成まで時間もかからず簡単で気楽にできますよね。
 発酵茶と健康について、群馬大学の中村先生としている研究も二年目に入ってパイロット実験が終わり、少しですが補助金がいただける事になりました。やっと実験助手をお願いする事も出来そうです。今年は日本の晒青緑茶も少し調べてみようと思います。一つわかるとわからない事がいくつも出てくる、黒茶は本当に難しい。だからおもしろいのかも知れません。周さんにがんばってもらい追加の茶も作ってもらわなければ、農大のえっちゃんに聞くと揉捻にはプラステイックの洗濯板が一番良いらしい、メールで教えてあげなければ…。
[PR]
by natch551 | 2011-08-03 23:19
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31