今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「地球にやさしい中国茶交流会」と老百姓

 今年は一番良い気候の時にゆっくり楽しんで戴きたいと、10月開催に決めた「地球に優しい中国茶交流会」ですが、日中国交回復40周年で盛り上がるはずの中国との関係は、尖閣諸島問題のお陰で落ち着きそうにありません。藤本さんのブログで、日本人と知ってからまれても「老百姓」と言えば大丈夫との記述がありました。老百姓とは民間人の意味だそうで、官が喧嘩していても民は違うのですから。
 8月末、そろそろきなくさくなっていましたが、広州からマカオに向かうバスの同客に、つたない日本語で「夫婦で日本旅行するのが楽しみ」と話しかけられ、何回も行っている事や奥さんはもっと日本語が出来る事を聞きました。なぜですかと聞くと食べ物がおいしいという答え。そう繁華街では五分も歩くと、クレープ屋さんやラーメン屋さんのある東京、納得です。
 デモで一番大変な9月中旬に行かれた川谷先生も同じように話しかけられたとの事です。官と民は違うのだから何があっても自分は自分。政府の動きに惑わされない庶民のパワーが感じられる中国人の生活感覚です。
 かえって日本人の方が社会情勢に左右されるような気がしています。「こんな時に中国茶飲んでて良いのでしょうか?」なんてメールもらってびっくりしたりしました。
 もし気になったらマスコミを鵜呑みにせず、中国嫌いと言う前に少しでも良いから、調べて見て下さい。病院に文句があって二千人とか、自治区とか生活に不満な分子達のデモは中国各地で多発してます。日本に対してだけではない今の中国の現状を少し考えて欲しいと思うのです。
e0223339_2362020.jpg

 四千年の歴史の中で、様々な事がありました。でも茶は中国から始まり、世界中の人々に愛されています。茶だけではありません。やはり長い長い歴史の中で、中国から始まった物は多いと思います。イギリスで愛されている紅茶だって、中国から入りました。老百姓としてはこんな時期こそ中国をもう一度考えてみたいと思うのです。東京の町が好きだとわざわざ言ってくれた初対面の中国人によって改めて私も東京の便利さを考えました。
 中国の老百姓達が心を込めて作ったお茶の数々、こんな時こそ心静かに飲んでみたいと思っています。お茶は自分を癒し、人の絆と健康を作ってくれます。
 皆さんお誘い合わせの上「地球にやさしい中国茶交流会」ぜひ遊びに来て下さい。楽しい時間お約束します。
 
[PR]
by natch551 | 2012-10-02 23:13 | 中国茶
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31