今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

風邪の季節

 香港のレストラン福臨門のシェフに広東料理の代表的なデザートはなんですか?と聞くと、お汁粉ですという答え。そういえばなんでも火を入れてお汁粉にするのが好きだな〜と思い当たる事は多々あります。
 医食同源の国ですから、暑い時には緑豆、秋には薩摩芋の生姜仕立て、梨も汁粉仕立てにします。胡麻汁粉はいつもあるし、季節に合わせて小豆の汁粉には蓮の実や陳皮を入れる。
 わが家では、プーアール茶で免疫力高めて少々の体の不調にも薬なし、「未病」のうちにいかにうまくやり過ごす事が出来るかが毎日の生活の一つにテーマになっています。
 先日は台湾みやげに生姜(生姜科だけど普通の生姜ではないらしい)と黒糖をまぜ固めた物を戴きました。体が冷えた時にお湯で溶いて飲むと良いそうです。漢方の風邪薬に必ず入っているのが、金銀花(すいかずらの蕾)、うちでは風邪の引き始めにプーアール茶に入れて飲みます。おまじない代わりなのか風邪引いたかな?の時にこれ飲むと引かずにすみます。寒波の日は蔵茶に生姜を入れて、寒い中をお出でいただいた方にまず一杯差し上げます。熱っぽくなってしまったら、板濫根(バンランコン:広東人はインフルエンザもこれで治す)、夏に広州行ったとき、咳肺に良いと書いてあったから羅漢果も買ってしまいました。咳が出そうになったら試してみようと思います。
e0223339_15532196.jpg

 この秋は幸いにしてどれにもお世話になっていませんが、冷えて来たこの時期、食事は体を温めるがテーマ、夏にはサンドウィッチが主体だった朝食も今は中華粥が登場します。後はお得意のお鍋、これは毎晩何かしら用意します。お汁粉も冬の広州では陳皮を入れますが、私は代わりに干し金柑を刻んで入れます。広東風に甘さ控えめで。
 と書いてくると結構頑張っているようですが、一日10分、やる気さえあれば誰でも出来る簡単な事。中華粥も簡単に土鍋で作ります。太太楽印の出し汁の素に鶏など入れて朝ご飯、半分残った粥にアサリを入れて夜に食べたりします。りんこちゃんにおいしいと褒められたお汁粉はゆで小豆の缶をのばすだけ。たくさん作る時は色んなメーカーの缶を混ぜると、缶くささがとれて何故かまろやかになります。
e0223339_15542955.jpg

 抗生物質や売薬だけでなく、お医者さんから戴く殆どの薬は免疫力を低下させます。風邪には特効薬はないのです。何も漢方素材がなくても、風邪引いてしまったらプーアール茶に柑橘類や生姜、黒糖など体を温める素材を入れて飲んで下さい。葱や大蒜などパワーのつく物も忘れずに食べて下さい。
 普段から体に免疫力をつけて寒い冬、忙しい12月乗り切りましょう。プーアール茶以外でも簡単料理などご質問がありましたら遠慮なくメールして下さい。
[PR]
by natch551 | 2012-11-25 18:17 | 健康
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30