今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「エコ茶会」スタッフ100人?

 皆様お疲れさまでした。大変だったけど今年も楽しく、また勉強になりました。黒茶と「茶壺天堂」については次回にして、まずフリーマーケットで気がついた事。茶席とセミナーはお邪魔する時間もなく、とりあえず出店の方々は皆さん元気にやってるかなと気になってフリマは駆け足で回りました。
 今年気がついたのは中国茶の店でお茶好きな臨時販売員さん達が頑張ってた事。昨年まではご主人や奥様がお手伝いだったお店でも今年は中国茶好きさんが手伝って頑張っている店もあり、それが一番嬉しかったです。
 うちでも大熊猫さんに手伝って戴きましたが、ブログの愛好者さん達から「大熊猫さんはどこのブースにいますか?」という問い合わせメールが何人かからあったそうです。ブログやフェイスブックでおなじみの方々が各ブースで販売員として活躍してました。誰がどこのブースを手伝っているか調べていらした方も結構いたのかな。お茶席はもちろんたくさんのファンを持つ方がお店をお手伝しているのはお客様としてもとても嬉しかったと思います。
 搬入、茶席、イベントのお手伝に加えて、今回はその方々を入れると百人位の人がスタッフとして「エコ茶会」盛り上げていたんだなと思います。
e0223339_22042409.jpg
 中国茶って本当に楽しいんですよ。そんな気持ちがあふれていて、口で説明するより何倍も中国茶の楽しさをお客様たちに感じて貰えたと思います。従業員のいない小さな店が多いからお手伝下さる臨時販売員の方がいて出店出来る、そんなお店も多かったと思います。私ものべ10人程の方にお手伝戴いたから、無事「エコ茶会」を終える事が出来ました。お手伝戴いた方々には本当に感謝感謝です。
 いつもお茶会や講演会でお会いする方々が元気でお手伝している姿は皆生き生きしていて本当に素敵でした。遠くに見えたり、トイレでお会いしたりすると安心する(笑)ご挨拶はするけど、お友達と言うより中国茶好き同志なのかな?
 昨年まで一人で見えた方も今年は楽しかったのでとお友達をさそったり、ご夫婦で見えたりが多かったようです。お店紹介、イベント欄など事前にチェック、ブログのこの方の茶席に入り、どの店で何を買うか決めて来た方も例年に増して多かったようです。だからお店紹介欄に原稿送って、頑張った店が売り上げアップした様でそれも嬉しかったですね。努力はむくわれた様です。その分自由が利かなくて、買えなかった分近く又行きます、なんてメールを後で戴いたりしてほほ笑ましかった。
 お茶には興味なかったけど、お友達に誘われて来てみたらすごく楽しかったので、来年も行きますと言って下さった方もいてそれも嬉しかったです。
 店はどうしても店視線からお客様を見てしまう。愛好者の方々が販売員としてお手伝して下さる事によって、店側もお客様が何を望んでいるのか、今まで気ずかなかった事に気ずかされる事も多いと思います。
 それがフィードバックされる。それはとても大きいと思います。
e0223339_22053489.jpg
 もう一つ、地方のお店、実店舗のない店などの動向がわかる事、それも店にとってとても勉強になる。買いたくても中々面倒なんて思っていたお店に私も駆け足で買いに行ったし、駆け足で買いに来て下さった何人かの店主の方もいらした。これも嬉しい。やはり一同に様々なお店の品揃えなど見れる機会はないので、とても勉強になりました。
 チョット気が早いけど来年が楽しみになりました。中国茶愛好家の皆様、臨時販売員の皆様、来年も盛り上げて下さいね。よろしくお願いします。
e0223339_22065994.jpg

[PR]
by natch551 | 2015-10-15 22:08 | 全体

地球にやさしい中国茶交流会

「エコ茶会」いよいよ後一週間になりましたね。
 家中段ボールだらけになりながらなかなか進まぬ準備、毎年の事なのに要領が悪いと反省、これも毎年の事。お店紹介の原稿たぶん一番遅かったのが「茶壺天堂」だと思う。森崎さんごめんなさい。掲載は8日になるとの事でブログ、フェイスブックにひと足先にご紹介します。茶壺その他はほんの少し、今回お茶は黒茶だけです。普洱茶はいつもより幅広く揃えたつもりです。
 お気楽にお立ちより下さり、楽しんで戴ければとても嬉しいと思ってます。

〖茶壺天堂〗
 プーアル茶が大好きな方のために、現在では評価も定まった国営時代に生産した茶や、1970年代の棗香を始め、伝統ある易武山の新しい餅茶など用意しました。一枚だと買いにくい方のためには、催事中は50gより提供させて戴きます。
 無料試飲席もご用意致しましたので、おみやげに戴いたプーアル茶がよく分からないとか、プーアル茶の淹れ方などもご質問下さい。これまでプーアル茶はくせがあって飲みにくいと感じていた方、ぜひこの機会にお試し下さい。お勧め商品はどれも発酵茶として腸内細菌を整え、血行を良くして毛細血管を活発にし、栄養が体内の隅々まで届くようになります。
e0223339_00053249.jpg
1.易武正山(生)易武老街の屹瑪茶厰が熱帯雨林の自然の中で300年を経た古茶樹でつくりました。プーアル茶大好きな方、是非お試し下さい。400g 普洱生茶18,000円。
e0223339_00062240.jpg
2,1980年代よりチベットに送られて、パンチェンラマの名を冠してに班禅茶と呼ばれた茶が「青心緊茶」として復刻されました。当時そのままに七個が竹皮に包まれています。250g 生沱茶4,000円。
e0223339_00070783.jpg
3,最初に作られた黒茶の磚茶と言われる陜西省産の「涇陽茯茶」。自然の「金花」は新疆ウイグルの人々に愛されました。体にやさしいくせのない味です。357g 七子茯磚茶 4,000円。
e0223339_00082168.jpg
4, 2015年3月、屹瑪茶業は「千年茶樹」で餅茶を製作することに挑戦しました。出来上がった茶を試飲すると、正に別格の味です。「限定3枚」普洱生茶 357g 25,000円。
e0223339_00091730.jpg
e0223339_00100255.jpg
 皆さまのご来席を、お待ち申しあげています。

[PR]
by natch551 | 2015-10-04 00:20 | 全体
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31