今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めて飲む普洱茶 (広州仕入れ旅 柑普茶、餅茶作り)

 一人でも多くの方に普洱茶の良さをわかって戴けたら良いな、というのが変わらぬ私の願いです。屹瑪茶業の餅茶“荒山茶”でも10ℊ1000円しないし、20煎は飲めるのだから、けっして高いお茶とは思わないけど、形ある茶はやはり一枚欲しいと思われると少し敷居が高いかな。お茶会に使って下さる方は多いけど、毎日飲んで楽しんで下さる方は、日本ではまだまだ少ないのが現状だと思います。
 香港普洱情報でも、大益に変わって若い人達の間で「柑普茶」が定着したとありました。これは丸のままのみかんの皮に、普洱茶を詰めて乾かして作ります。みかんの皮は乾いて陳皮になり、普洱茶は陳皮の匂いの移った熟茶になります。中でも金馬碑と呼ばれる鶴山市の茶葉果樹科学研究所で作られる柑普茶は、天日に乾して丁寧に作られています。陳皮と一緒にくずして飲みます。煎はききませんが、香りの良い茶で体が温まり、デトックス効果も在るそうです。今回一つ500円でお分けしようと仕入れました。
e0223339_19394389.jpg

 もう一つは消化や目に良いと言われる「菊普茶」で、生茶の散茶に菊の蕾を入れて飲んで戴こうと思います。
 この二つのお茶、10月の「びっくり茶会」で、茶席を作って飲んで戴こうかと思っています。道具も特別なものでなく、身近にある物でどう簡単に美味しく飲んで戴こうかと思案中です。
 散茶は易武山の300年古茶樹を仕入れました。夏の最後に摘まれた茶の様で、大きな葉に良く見るとほんの少し黄色く変色した茶葉も入っています。だから新茶よりは安かった。この散茶は小売りだけではなく、屹瑪茶業から100ℊ餅茶を作る布を一つ戴いたから餅茶作って見ようと思ってます。
e0223339_19411579.jpg

 映像見て、飲んで理解したと思っているお茶でも、作って見ると又違う景色が見えるかも知れません。これが私にとっても楽しみです。山歩き嫌い、茶毒蛾、蛭など考えるだけで嫌な私が出来るのは、出来た晒青緑茶から成形すること位かな(笑)昔の茶問屋は冬に普洱茶を作ったのだから、私も冬に向かって少しずつ準備しようと思っています。
e0223339_19415485.jpg

[PR]
by natch551 | 2016-09-14 19:43 | 普洱茶

新しい風 (8月仕入れ旅 普洱生茶)

 普洱茶の生茶は屹瑪茶業に行く(2015年7月記事参照)。2015年美味しかった「荒山茶」は2016年産も変わらず美味しかった。この茶の原料となる古茶樹はその年の気候には左右されず、常に元気な新しい茶葉をたくさん付けるのだという。
 今年のお茶には内飛が入っていない。一本の千年古茶樹で出来ているというのだからとても生産量が少ないのだと思い、どの位この一本で茶葉が採れるのか聞いてみた。聞いてビックリ全部で約千キロだと言う。本当?と信じられない私に陳君はうちで作ったパンフレットを持ってきて「この樹一本の事でしょ?そう千キロは採れる」と言う。何度聞いても筆談して書いてもらってもそうだ。「荒山茶はこの樹一本から作られる」
e0223339_16464163.jpg

 そうなんだ。荒らされたと言われる西双版納の山奥に、長い間住んでいる地族しか知らないこんな元気な樹がまだ残っているんだ。雲南省は大きいなー。それから2、3日考えているうちにふと思いついた。
 以下は私の妄想です。普洱茶の有名な茶山、景邁山では黄片が出てくる秋の茶は白茶の餅茶にする。行けば分けてくれるけど内飛がなく表装紙にも印刷がない。その茶厰の白茶を店で売っているのは私はまだ見た事がない。福鼎の大手の白餅茶は10倍の値段で売られているけどまったく見かけも味も景邁山の白茶と同じだ。もしかして?そう思うのは私だけではない。それなら景邁山の白茶が良いよね。茶樹が良いのはわかっているし、値段もすごく安いもの。比べて見ながら茶友と話していた。
 屹瑪茶厰は昨年引越をした。前の店から1分の距離で表の道路に近いけれど前の店に比べると建物がバラックに近い。若い二人が自分でした内装できれいになったけど、空調は半分しか効かないし、お手洗いと台所は無くなった。表にはパートナー求むの紙が貼ってある。陳君が広州に何人顧客を持っているか知らないけど、彼の一族は村の長として学校を作り、たくさんの村人を養わなければならないんだから本当に大変だと思う。内飛のない荒山茶のいくらかは、違う茶厰の茶としてもっともっともっと高い値段で売られているのかもしれない?
e0223339_16475740.jpg

 広州の大手の茶商の友人は、“今年うちは氷島の半分は買ったよ”、なんて平気でいう。烏龍茶用に作ったとても大きなジョージア州にある畑も見せてもらった。やはりお金になるのは大量生産、大量販売だろう。その片隅で良いお茶を作っている人達は余り報れないのが現状なんだろうか。理想とは違うけれど景邁山でも半年しか仕事のなかった村人が10ヶ月は仕事が出来るようになった事。荒山茶の原料がすべて換金出来る事はそれなりに良い事だとも思う。西双版納には知られていない元気な古茶樹がきっとまだまだあるのだろう。そう思うととても嬉しかったけど、茶の流通を考えると何か複雑な気持ちになる。
 一歩一歩で良い。真面目で一生懸命な茶厰達が認められる様になって欲しい。2015年「荒山茶」を飲んだお客様がこのお茶すごく美味しいのに安い、思わずそう言って8枚買って下さった。その方は2016年も仕入れる前から予約してやはり8枚買って下さった。
とても嬉しいけど陳君その値段で本当に良いの?
e0223339_16483253.jpg

[PR]
by natch551 | 2016-09-09 16:50 | 普洱茶

普洱茶は続いていく  (8月仕入れ旅、熟茶)

 最初に普洱茶を勉強しだした時、まず心しなければならないのは「普洱茶は続いていく」と言う事だと言われた。置いておけば発酵して変化していくし、そんな軽い気持ちでその言葉を受け止めたけれど、熟茶の成立を調べながら少しその言葉の意味の重さを考えなおしていた時、ふとしたきっかけで「同慶號」の1998年の熟茶にめぐりあった。
 昔皇帝今国家礼品と言われる「同慶號」が1940年代に茶葉と共に澳門に逃れて来た事はわかっている。現在、国の礼品と言われる様になるまで、何時どのように復権したのかはわからない。可以興が2006年資本が変わった事、楊聘號が百年記念餅を出した事、続々と昔の老字號と呼ばれる茶厰が復活している。
 同慶號は美味しかった。茶葉も職人も現在一流のものが集まっているのだろう。こうなると美味しいお茶探しに好奇心がとまらなくなるのが私。胡錦涛前主席が来日時におみやげで持ってきた同慶號、生茶は易武山の瑞具天朝の茶葉、熟茶も堆積温湿度の管理がとても良い。内飛以外に細いリボンが付き、内飛の他に紙が一枚入っている。どうしても今回はその茶を探したかった。同慶號は茶葉市場でも一般的に売っている茶ではない。日本で海馬さんが調べて調べて、暑い茶葉市場を歩いて、結果4日間掛けて手に入れた。
e0223339_1785769.jpg
e0223339_17103468.jpg

e0223339_17122518.jpg

 今回は2004年の熟茶だけ。探している過程で“佛海 鼎興茶荘”という茶荘が細々と作り今だにチベットに送っている班禅緊茶と百年宋聘號の2015年の熟茶も見つかった。どれも良心的な値段で仕入れられたから同慶號で8000円。鼎興茶荘は4000円でお分け出来る。現在は中国でも大益、下関を始めとする戦後国営企業だった新しい茶厰の茶が主流だ。もちろん熟茶は同慶號でも大量生産だけどそれらとは明らかに味が違う。丁寧に作られている事がわかるのだ。香港の茶厰も広州の大手の茶厰も陳年と言われる国営企業産の餅茶、現代では1980年代、1990年代までが数十万円で取引されているからそこに興味が集中している。新しい茶も大量生産の大手が一番売りやすいからそこの集中している。
e0223339_17153424.jpg

 茶厰の移り変わりに興味を持つ人など余りいない。けれど「普洱茶は続いていく」ならばこれはとても大切な事だと私は思う。虎屋の羊羹をどこの羊羹より信頼している私としては老字號にはそれなりの誇りとノウハウがあると思うのだ。熟茶に一番大切な堆積工程がやはり違うと思う。今回は暑かったけど「同慶號」が見付かったからとても嬉しい。見つけた店の老板、昨夜双子の男の子が生まれたと初めて会ったのに終始ごきげんでしたよ。この楽しい謎を解く為にまず中国語勉強しなければ。
[PR]
by natch551 | 2016-09-04 17:16 | 普洱茶
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30