今日もぼんやりプーアール

natchan819.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

プーアール餅茶を作ってみた

 2013年夏、中山市で若い夫婦が営む小さな普洱茶屋さんで、ご主人が普洱茶を作ってるのに出会いました。晒青緑茶を布袋に入れ炊飯器の蒸し機能を使い、やわらかくなったら袋を取りだし形を整える。後は石磨(石臼)と言う厚さ15cm程の石を載せ、その上に人間が乗って固める。作っていたのは375グラムの餅茶と500グラムの沱茶です。その風景は炊飯器に晒青緑茶をぎゅうぎゅう詰め込んでいるのが面白く心に残りましたが、その時には自分が作ろうとは思いませんでした。
e0223339_11349.jpg
 今年8月の広州では屹瑪茶廠の陳君が、氷島の180グラムの小さな餅茶をこれは自分が作ったと言ってくれました。ここで?、店の中に石磨と袋があります。その茶餅を作った小さな袋を一枚貰って道具も見せてもらいました。私にも出来そう?よし作ってみよう。
 原料用に晒青緑茶を2キロ買いました。易武山の300年茶樹の茶葉、夏の茶葉だからほんの少し茶色くなった葉がまじります。台地茶はいやだけど、最高級の茶葉ではもったいないから、この位の茶葉が良いかな。
e0223339_00031081.jpg
 炊飯器で緑茶を蒸す中国式ではなく、晒青緑茶を柔らかくするために蒸気をあてるのは蒸篭、布は貰った一枚を参考に日本でも作ってもらいました。金物の筒の代用には 2.4キロの業務用トマト水煮缶を買いました。押し付ける石磨は、漬物の重石で代用する事にしました。水煮缶はほんの少し大きすぎるし、漬物の重しは少し安定が悪い(現在では小さな重石しか売ってないけど、たまたま30数年前の若い頃に大きいの買った覚えがあったから、下屋の奥から見つけ出す。ラッキー!)
 とりあえず一枚作って見ました。反省点は多々あります。蒸気の入れ方が弱かったなー。そしてそしてーー。雲南の映像で見ていると簡単そうだったけど、実際に工程は複雑ではないのだけど、蒸しとか布から出すタイミングとかそれぞれにコツがありそうで、やっぱり満足する餅茶ができるまでには、もう少し時間がかかりそうです。
e0223339_00044439.jpg
 だけど面白い。出来上がった茶は今ひとつだけど、愛着がわいて可愛いです。もう少し工夫しながらこれは続けて行こう。
(2016年10月29日投稿の記事を、誤って削除してしまったので再掲載しました)
e0223339_00052965.jpg

[PR]
by natch551 | 2017-01-24 00:07 | 普洱茶

1グラム = ¥ ?

 最低半支(42枚)単位で仕入れいる普洱の餅茶、毎年新しく仕入れていると、数年経て何枚かが残る。餅茶は3年5年・・・と、時を経ると値上がりしだし、10年もすると手が出せない値段になったりする。
 「エコ茶会」の前に棚卸しをしながら改めてどうしようか思った。香港や広州で8万円の値段が付いているお茶を、お好きなお客様には5万円でも良いねって、5万って言ても5万円の普洱茶って日本では飲むにはやはり高価すぎるかな?。こちらで誰かに内緒でお声掛けするのは贔屓になるし、うちに2枚は残しておくと、売れるのは殆ど2,3枚なのだから。
 そんなこんなでとりあえず置いてある茶が10種類を超えようとしている。仕入れは昔の値段なのだから昔値段で売れば良いとのお声もあるかもしれないけど、最初それをしていて他店からクレームが来た事もあり、お客様からその茶はその値段で売ってはいけないと、注意を受けた事もある。
e0223339_20140206.jpg
 相場より安くとは考えるけど、一度売ってしまったらその値段ではもうその茶を仕入れられないのも困る。普洱茶はその辺が難しい。たまたま90年代初頭から仕入れていて、現在一枚30万円を超える値段になってしまった茶はもう売らない事にした。次は幾らで仕入れられるか?まだその茶が市場で取引されているのかも分からないから。
 日本では普洱茶は一枚単位より、25gなどと言う小袋の単位が一般的だけれど、まず晒青緑茶はそのままではうまく発酵しない。そして餅茶などをくずして袋に入れてしまうとやはり美味しくはならない。小分けにして時間が経つと駄目になる可能性の方が大きいから、私はグラム単位でご希望の場合はその場でけずってお分けしている。
 「エコ茶会」で5グラム単位で売っているお店があり、また、美味しいからうちで旦那様にも飲ませたいと一回分のご希望があり、そうだと思いついた。ご希望に応じてグラム売りするなら、とりあえず1グラムいくらになるのか計算してみれば良いのだ。お茶会で使いたい場合など、私もいつもいくつか試して決めたりするのだから。ご注文があったら崩して良い状態でお送りしたり、お渡ししたら良いのだ。香港や広州では84枚でも少量注文になる。氷島の茶葉を70%買ったとか、100支(8,400枚)はあるよ、何て言うのが当たり前の世界で勉強したから、まったく思い付かなかった。
e0223339_20161877.jpg
 値上がりした茶、まず1グラムいくらなのか計算してみよう。  
 そう思ったのにはもう一つ理由がある。今年は「エコ茶会」でも初めて飲むお客様が多かった。試飲席でまず生茶と熟茶どちらがお好みですか?そう聞くと“初めてなのでどう違うのか解りません”とのお答えがあった。そんな方には試飲の上でなるべく買いやすい値段の茶をお勧めしたけれど、試して見ると良いお茶ほど淹れるのがやさしい。2015年の生茶で、例えば青山班禅茶(4,000円)と荒山茶(25,000円)を、慣れない生徒さんに淹れてもらう。最初班禅茶はうまく入らない。慣れた人ならどちらも美味しく淹れられるけど、初めての人が湯の切り方が甘かったりするとすごく苦く入ってしまう。陳年の茶なら誰が淹れてもとても美味しい。だったら初めての方に誰でも美味しく淹れられる茶を、何種類かセットにしてお勧めした方が、より普洱茶の美味しさを解って戴けるのではないかなと反省している。
 普洱茶は最初が肝心。身にしみてるんだけどね。もちろんどの茶も吟味して仕入れているから自信はあるのだけれど。
 勉強し始めた当時、普洱茶のいろはも分からない私に、香港の茶商たちは良いお茶を飲ませてくれたと思う。普洱茶のみならず、岩茶や鉄観音も、今でもその味を覚えている。中国茶好きの皆さんも、最初はお茶の美味しさに吃驚してお茶好きになったと言う人が多い。

 そんなこんなで今年はまず、グラム単位の値段表作ります。
 写真も入れて計算するのでもう少し時間戴きます。
 お客さまサービスの一つ形、どうして今まで思いつかなかったのだろう。
 皆さま、本年もよろしくお願いします。
e0223339_20165963.jpg

[PR]
by natch551 | 2017-01-04 20:26 | 普洱茶

明けましてお目出度うございます

e0223339_23112789.jpg

 明けましてお目出度うございます。
 昨年は皆様のお陰で楽しい想い出の多い年になりました。パワーもたくさん戴きました。
「エコ茶会」、また「茶壺天堂」にも地方からのお客様が多く、札幌の雪や熊本の地震も人事とは思えず、皆様にとって今年が平和で幸せなお年でありますようにお祈りしています。
 お陰様でぶれすにどう皆で黒茶を楽しんで行こうかと言うヒントをたくさん戴きました。多々ある反省はほんの少しにして、早くも来年の構想ねってます。(笑)
 「エコ茶会」後にもう一本、その辺を書こうと思ったのに、荷物のかたずけや、少しだけ遊んだりしてたら何もしないうちに2016年が終わってしまいました。春節までにまとめます。
 昨年私にお付合い戴いた皆様、本当に本当に有り難うございました。
 本年も又よろしくお願いします。
[PR]
by natch551 | 2017-01-01 00:01 | 全体
line

中国茶の楽しみから日々雑事まで


by natch551
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31